★鍼灸師を志したきっかけ

僕が鍼灸師を志したきっかけというのは、
テニスで肩を怪我したことがはじまりです。
始めは痛みが強く、徐々に手に痺れがでてきたので、
近くの整形外科に通ったところレントゲンでは異常はなく、湿布を貼れば治るということで貼っていましたが、
全然回復の兆しがありませんでした。

その頃、ちょうど姉が腰痛などで鍼灸院に
通っていたことを知り、
前から鍼灸に興味があったこともあり、
姉の紹介で鍼灸院での治療を決めました。


女性の先生の治療が鍼灸師になることの決め手となり、
今でも僕にとってかなりの影響力があります。
肩の治療を受けに行った僕としては、
まさか全身、心までも癒されてしまうことになるとは
思いもしませんでした。
先生との会話、先生の鍼、お灸で今までの疲れが
どっと出た分、凄くすっきりしました。
帰る頃には自分にとっての目標が見つかり、
帰ってすぐどうやったら鍼灸師になれるのかを
調べていましたね。

鍼灸を学んで行く中で灸法臨床研究会で
深谷灸法を学びお世話になり、今日の僕があるわけです。

ようこそユウ鍼灸院へ